プロが行なうシロアリ対策はいろんな方法がある

ログハウスを建てる前に確認!シロアリの被害を予防する対策 ログハウスを建てる前に確認!シロアリの被害を予防する対策

一般的なシロアリ対策

業者に依頼するとどんなシロアリ対策を進めるのか、一般的な方法を見ていきます。方法によって効果や行なう目的が変わってくるため、住まいの状態に合わせたシロアリ対策を行なうようにしましょう。

業者にシロアリ対策を依頼する

薬剤散布法
ヤマトシロアリの場合は被害箇所が狭い範囲に限定されるため、対象箇所だけに薬剤をまきます。トラブルに遭いやすい場所を中心にチェックしたうえで必要な場所にだけ対策するため、効率的にシロアリ駆除できる特徴があります。シロアリ対策業者が使用する薬剤は、嫌な臭いなどが気になりにくく、対策に伴うストレスも感じません。
ベイト法
薬散布はシロアリの侵入防止に役立つ対策ですが、巣の根絶も必要です。ベイト薬剤という特殊なエサを使ってシロアリを駆除、巣ごと対策する方法です。ベイト薬剤は脱皮する動物にだけ駆除効果を発揮するため、ペットや植物に対する影響はありません。子どもがいる家庭でも安心して対策でき、根本的なトラブルの解決を目指せます。
薫蒸法
文化財など歴史的建造物を保護するために採用されるシロアリ対策で、建物をすっぽりシートで覆い、酸化エチレンガス製剤を充満させます。ガスの有毒性で害虫を根絶させる方法ゆえに期待される効果は高いものの、大掛かりな作業が必要です。また、一般的な民家のシロアリ対策というよりは、行政主導の大規模なメンテナンスで検討されます。

自分でもできるシロアリ対策

自分でシロアリ対策を行なう場合、セルフチェックをしてみましょう。床がきしむところがあったり敷地内で羽アリを見かけたりしたら、シロアリ被害を疑いましょう。柱を叩いた時に、中が空洞になっているような音がしたり、近所でシロアリ対策をしたりしている状況だと被害に遭う可能性が高いです。万が一、家の中で羽アリを見かけたら、掃除機で吸い取って、巣に戻らないように駆除しましょう。

TOPボタン